NPO電動カートde走ろう快!は電動カートでのイベントや普及活動を行ってまいります。

電動カート普及

NPO「電動カートde走ろう快!」立ち上げの趣旨

薬を捨て街に出よう!

ヌーベルバーグの旗頭だった寺山修司の<書を捨て街に出よう>から、半世紀以上。ご同輩も私も歳をとりました。

あの若さと気力を思い出してください。足が痛い。腰が痛い。確かに痛い。

医者の指示通り大量の薬を飲み、今日が何曜日?あまり興味が無い。

やがて他人の手を借り、それにも抵抗を感じなくなり、引きこもりが始まり、老いが始まります。

運がよければ介護施設に入居して、そして<終わり>を迎えます。

 

悲しすぎるよ~

ベットに縛られたお年寄りを見たことがあります。この時、私の頭は発狂した。

やめろ~ばかやろ~! 人間を何だと思ってるんだ~

お前らの好きにはさせないぞ! 

私は何をすればいいのか?何が出来るのか?真剣に考えました。

 

老老介護・介護難民・悲しい殺人・そして買い物難民に至るまで、耳と目を塞ぎたい事実。読めば読むほど、知れば知るほど、先が見えない。どうしよう!

お国だって、老人ばかりに金をかけられないぞ。いつかバンザイするぞ。

 

そうか。私も走行困難者なんだ。だったら安い乗り物作ればいいんだ!

なるほど。やったァ!でした。 既に69歳。オイオイ本当に作れるか?

70歳の時それらしい乗り物が出来ました。努力と涙の結晶でした。待てよ。

100%安全とは言えない。

発売は中止だ!中止。中止。また中止。何回作り変えたか?

 

2013年の5月頃やっと、ほぼ完成。あらら、やだよう73歳だってよ。

待望の「お出かけぱるぱる」に乗って、NPOを立ち上げました。

まずは憧れの<しまなみ海道>70キロ制覇。夢だよね~絵の中にいる自分。

まだ挑戦出来るものがある幸せ。瀬戸内の海は超美しく優しかった。

7月には礼文島を4日間かけて1周。北の人はとても優しくしてくれた!

相棒のぱるぱるは、坂も塩風も優しくサポートしてくれ、問題なく快走!

 

お国へ

 

過剰な介護や過剰な医療は、高齢者は誰も望んでません。

住み慣れた町で、家族や友人に囲まれて。これが1番の幸せ。

足があれば、寝たきりの1/3は解消するかも…

その浮いた資金は若者の為に使ってください。国が滅びますよ。

介護関係者様

もう充分儲かりましたね。これ以上国にぶら下がるのは止めてください。

本当に必要な介護もあります。 よーく自問自答して下さい。今、もっとも儲かる仕事として選んでないか? 無給持ち出しでも続けられますか?と。

ご同輩へ

自力で動ける事の幸せ。とても大きな幸せ。海を見ようよ。花を見ようよ。風に当たろうよ。元気を出そうよ。街に出ようよ!

こんなちっぽけな車に乗って。寿命と皺と心を伸ばそうよ。

あなたに<安価で提供されている諸々>の影で若者が泣いてますよ。

自分の事は自分で解決しよう。杖くらい自分で買えよ!

そして、今日の命ある事を感謝して明るく走りましょ~よ。

         

熱い熱い思いでNPOを立上げました。(貧乏なので法人にしてない)

 

「お出かけぱるぱる」は<誰でも買える>が主目的です。

4年間で、借金いっぱい作っちゃったけど、まあいいや。

誰かの笑顔のために、 頑張れ! おばば!

電動カート普及

Copyright ©NPO電動カートde走ろう快!. All Rights Reserved.

ページ上部へ>>>